日本ワインなび

日本ワインの魅力を総合的に発信するサイト

日本ワインを支える人たちを訪ねて
心熱きプロフェッショナルに学ぶ人生の道しるべ

マンズワイン株式会社
マンズワイン小諸ワイナリー醸造責任者
西畑徹平さんに学ぶ
「初志貫徹する真っ直ぐな心」
(全8回)

ティスティング特別編「“テロワールを表現すること”に着眼したソラリス (2)」

掲載日:2022年4月20日

*********************************
1. ソラリス 千曲川 シャルドネ ビオロジック 2019
2. ソラリス ル・シエル 2020
3. ソラリス 千曲川メルロー ビオロジック 2017
4. ソラリス ラ・クロワ 2017
5. ソラリス 信濃リースリング クリオ・エクストラクション 2019
*********************************

千曲川産 有機栽培のメルロー

西畑 続いて赤ワインです。3番は1番のシャルドネと同じ畑で有機栽培をしているメルローです。

田口 ブラックチェリーなどの黒系果実にメルロ特有の土っぽさ、ほんのりバニラのフレーヴァー…凝縮した果実味に柔らかな酸とタンニンが溶け込んでいて、全てが融合していますね。繊細で優しく、柔らかい…日本の代表格のメルロですね。非の打ち所がない安定したメルロですね。

西畑 ありがとうございます。畑の位置する場所が小さな谷の様な地形にあるので、風の通りがよく、涼しげな印象も合わせてワインに表現されていると思います。

田口 ソラリスの有機栽培認証シリーズはシャルドネ、メルロと本日初めて頂きました。有機栽培の生産者の方のご苦労や努力への感謝の気持ちを忘れずに大切に頂きたいと思います。


3. ソラリス 千曲川 メルロー 2017

東山のカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローの単一区画ブレンド

西畑 さて、4番は上田市東山のカベルネ・ソーヴィニヨンとメルロから造りました。東山の一つの畑にカベルネ・ソーヴィニヨンとメルロが植わっていて、別々に収穫、醸造したあと壜詰前にブレンドして造っています。

田口 東山といえば、この辺りでは「カベルネ・ソーヴィニヨンが安定して熟す土地」として有名なところですよね。「ラ・クロワ」とはどんな意味なのでしょう?

西畑 フランス語で「十字路」という意味です。東山に十字路があって、そこから名付けました。「ブドウの品種がクロスしていく」という意味を込める意味でも良い名前かなと思っています。

田口 素敵な名前ですね。それでは頂きます…成熟したブルーベリーやカシスなどの黒系フルーツにクローブ、リコリス、スミレ、ほんのりとバニラ…このスーッとしたメントールの香りが心地よいですね。凝縮した果実味、豊かな酸味とタンニンが絶妙に引き締めていますね。タンニンも熟していますよね。香りも味わいも複雑で、一言では筆舌し難いですね。


4. ソラリス ラ・クロワ 2017

畑で起きたことをそのままワインに

西畑 ありがとうございます。ラ・クロワは2番と同じように単一区画のテロワールを表現していくことを追求するために造り始めたワインです。単一畑にすると逃げられない部分があるんですけどね。

田口 逃げられないとはどういうことですか?

西畑 良いキュヴェを造るためのブレンドであれば、ブレンドにどの樽のワインを使用するかや、どの品種をどのくらいブレンドするかなど調整が利きます。

しかし、このラ・クロワに関しては収穫したブドウ、出来上がったワインをそのままの比率でブレンドしていく事をコンセプトにしているので、カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロの比率なども調整しません。収穫できたものをそのまま使い、畑で起きたことをそのままワインに表現していきたいという思いで造っています。

田口 造り込むのではなく、その土地を感じてもらうために、ありのままワインにする、ということですね。

西畑 はい。「もう少し柔らかい方がいいかな」なんて思った時にブレンド比率を変えることで調整することもできるかもしれませんし、そうした方が美味しくはなるかもしれません。でもそうじゃなくて、「この年はこういう感じだったんだ!」という方針で、ありのままを表現することにしました。

(つづく)

この記事の著者 / 編集者

田口あきこ(日本ワインなび編集長)

ホームパーティが好きなことから、より良いおもてなしをするためにワインを学び始める。2015年にワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』のインストラクター養成講座にて講師に抜擢。
2018年 ワイナリー経営者を育成する学校『千曲川ワインアカデミー』にてブドウ栽培・醸造・ワイナリー経営について学ぶ。
2020年『日本ワインなび』を開設し、編集長として運営を行う。
2021年 JETROに附置する農林水産省・食品の輸出・プロモーション機関の事業で日本ワインの認知業務に携わり、海外向けに日本のワイナリー紹介記事を執筆。
ワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』講師紹介ページ
Facebook
note

この記事をシェアしませんか?

LINE
日本ワインを支える人たち
株式会社ヴィラデストワイナリー代表取締役 兼 日本ワイン農業研究所株式会社「アルカンヴィーニュ」取締役 小西 超さんに学ぶ「志を高く持って生きる」(全8回) 株式会社テールドシエル代表取締役 池田岳雄さんに学ぶ 「自分の意思を貫く生き方」(全10回) ヴィンヤード『carraria(カラリア)』 トラストアンドアソシエイツ株式会社 代表取締役 中村大祐さんに学ぶ「自分の人生を大切に生きる勇気」(全7回) ヴェレゾンノート 東山ワイン研究所合同会社 櫻山記子さんに学ぶ「如何なるハードルにも正面から挑むタフな精神力」(全6回) 駒園ヴィンヤード株式会社 取締役社長 近藤修通さんに学ぶ「愛情を持って、謙虚に相手の声に耳を澄ます」(全10回) 株式会社ジオヒルズ ジオヒルズワイナリー醸造責任者 富岡隼人さんに学ぶ「未来へ繋げる視野と行動力」(全7回) 農地所有適格法人 株式会社 自然農園グループ ドメーヌ・イチ 代表取締役 上田一郎さんに学ぶ 「自分らしく、自然体で生きる」(全8回) 株式会社ショーナン 代表取締役 田中利忠さんに学ぶ「チャンスを受け入れる力・夢を描く力・実現する力」(全5回) マンズワイン株式会社 マンズワイン小諸ワイナリー醸造責任者 西畑徹平さんに学ぶ「初志貫徹する真っ直ぐな心」(全8回)
テイスティング 日本ワイン×お家レシピ 日本ワインの基礎知識