日本ワインなび

日本ワインの魅力を総合的に発信するサイト

日本ワインを支える人たちを訪ねて
心熱きプロフェッショナルに学ぶ人生の道しるべ

駒園ヴィンヤード株式会社
取締役社長 近藤修通さんに学ぶ
「愛情を持って、
謙虚に相手の声に耳を澄ます」
(全10回)

第9回「ブドウの声が聞こえる」

掲載日:2021年6月1日

ブドウの声が聞こえる

近藤 こういう話をすると変に疑われやすいんですけど、「ブドウが今何をして欲しいのか」わかるようになるんですよ、「どの芽を欠いて欲しい」とか。

田口 ブドウの声が聞こえる、ということですか?

近藤 はい、そういうことです。「作業が無くても畑を見なさい」、と若い子達によく言っています。「草を見たり、どんな芽をしているかを観察したりすれば、ブドウが今何をして欲しいのかわかるよ」って。ブドウ栽培をされている方はみなさんそれを感じていらっしゃると思います。

田口 近藤さんも最初の頃から聞こえたわけではなく、経験を積まれてから聞こえるようになったということですよね?

近藤 はい、最初の頃は分からなかったです。ブドウの声が聞こえるというのは、犬や猫の気持ちがわかるようになるのと似ていると思います。一緒に暮らしていると彼らが今何をして欲しいのかわかるようになるじゃないですか。

田口 確かにそうですね。私もうちの猫が今何をして欲しいのか、わかるようになりました。

近藤 声を聞こうって努力しなくてもわかるようになりますよね。好きで一緒にいるから。

傲慢になると聞こえなくなる声

近藤 でも傲慢になるとブドウの声は聞こえてこなくなるんですよ。

田口 どういうことですか?

近藤 「土壌を改良してやろう」、「樹勢をコントロールしてやろう」、「収量規制してやろう」、「良い実をつけさせてやろう」とか思っていると聞こえてこなくなります。人って傲慢になりがちですよね。

田口 動物の気持ちが分かるというのも、相手のことが大好きで思いやりをもって接するから自然と彼らの心の声が聞こえてくる、伝わってくるわけですものね。相手を想う気持ちがなくなったら、確かに分からなくなってしまいそうです。

近藤 駒園ヴィンヤードでは「Tao」というワインのブランドがあります。「Tao(道)」とは中国哲学上の用語の一つで、天地自然の理に寄り添うワイン造りを行う駒園ヴィンヤードの創業理念でもあり、僕の座右の銘でもあります。「適度に、良い加減で。傲慢さやエゴは持たないように」という自戒ですね。

計算だけで美味しいものは造れない

田口 近藤さんは、社会人になられた当初は車のメーカーにメカニックとして務められ、それからワイン造りの世界に入られて30年近く経つわけですが、その辺りを振り返ってみていかがですか?

近藤 今は畑にいるのが好きなんです。畑はワイン造りの基本の部分ですからね。車の仕事をしている時は機械相手でしたので、「技術」と「データ」を扱っていました。計算通りにやれば、ある程度計算通りの結果がでます。レースだとレギュレーションという決まりごとがあって、その範囲内でやるのですが、ブドウ栽培とかワイン造りにおいては、計算で美味しいものはできないんです。だから面白い。それ故に満足することは現役中にはないと思います。

(つづく)

この記事の著者 / 編集者

田口あきこ(日本ワインなび編集長)

ホームパーティを開催することが多いことから、より良いおもてなしをするためにワインを学び始める。2015年にワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』のインストラクター養成講座にて講師に抜擢。
2018年春からワイナリー経営者を育成する学校『千曲川ワインアカデミー(長野県東御市)』にてブドウ栽培・醸造・ワイナリー経営について学び、講師業の傍ら、超新規ワイナリーの立ち上げ・畑仕事のお手伝いにも出掛ける。
2020年『日本ワインなび』を開設し、編集長として運営を行う。
ワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』講師紹介ページ
Facebook
note

この記事をシェアしませんか?

LINE