日本ワインなび

日本ワインの魅力を総合的に発信するサイト

日本ワインを支える人たちを訪ねて
心熱きプロフェッショナルに学ぶ人生の道しるべ

農地所有適格法人
株式会社 自然農園グループ
ドメーヌ・イチ 代表取締役 
上田一郎さんに学ぶ
「自分らしく、自然体で生きる」
(全8回)

第7回「注目の品種 ヤマ・ソーヴィニヨン」

掲載日:2021年9月21日

ヤマ・ソーヴィニヨンの結実(2021年6月末)

注目の品種 ヤマ・ソーヴィニヨン

上田 ヤマ・ソーヴィニヨンやビジュ・ノワールなどのハイブリッド品種もだいぶ増やしています。自然栽培でできるだけやりたいので、無農薬エリアに植えました。ハイブリッドは管理が楽で良いですね。

田口 どんな風に楽なのでしょう?

上田 芽かきや除葉の必要がなく、病気にもかかりません。年に2回草刈りをするくらいで後は何もしなくて大丈夫なんです。でも、摘心した方が登熟も早いので今年は切ってみようかな。

田口 ヤマ・ソーヴィニヨンの葉っぱ、きれいですね。

上田 かなり大きい葉っぱですね。鹿が葉っぱを食べてしまうんですよね。今は葉っぱだけですが、秋になってレイト・ハーベストする時期は食べ物がないのでブドウも食べてしまうんです。

田口 この辺りは鹿がいるんですね。


ドメーヌ・イチ公式FaceBook『ヤマブドウの葉を食べにくる鹿(2021年8月1日)』より出典
https://www.facebook.com/DomaineICHI/photos/pcb.316288470232456/316287190232584/

ヤマブドウのレイトハーベスト

田口 毎年レイトハーベストされているのですか?

上田 はい、11月半ばまで待って、アマローネみたくシワシワになってから収穫します。糖度が35度~40度近くになります。
ハイブリッドなので今のところ一般的にはブドウ自体の評価はあまり高くないですけれど、仕込み次第でとても良いワインになると感じています。
それから、総産量がすごくて、1本の樹から5キロ収穫できます。去年500本植えたのでこれ以上は増やしませんけどね。成木になったら5トン取れるようになると思います。

田口 今後はヤマ・ソーヴィニヨンの評価が上がってくるといいですね。

上田 はい、上がってくると思います。それから、一部のヤマブドウはデザートワインとして販売する予定です。去年、試験的に造ってみて評判が良かったんです。

田口 糖度の高いヤマブドウから造るデザートワイン、楽しみです。


ヤマソーヴィニヨンの葉

とっておきの場所

上田 ここから車で少し上がったところに景色が良いところがあるので行ってみますか?

田口 ぜひお願いします。

田口(絶景を見ながら)すごい眺めですね。ここに来たら1日の疲れも癒されそうですね。

上田 僕が2009年に醸造を始めた頃、余市にあったワイナリーはうちとあと1件だけだったわけですが、近年ではかなりワイナリーが増えてきました。

田口 ますます切磋琢磨されることになるのですね。
皆さんがそれだけ集まるということは、やはりブドウ栽培に向いているところという事ですね。
ところで上田さんは、時期によってはオフが全く取れないこともあると思いますが、もし自分の趣味や好きなことをできる時間ができたら何をしたいですか?

上田 釣りと山歩きをしたいですね。春だったら山菜採りとか。何年も行っていないですけど、自然が好きなのでその中にいたいんです。


上田さんのとっておきの場所(ヤマ・ソーヴィニヨンの畑の近く)

(つづく)

この記事の著者 / 編集者

田口あきこ(日本ワインなび編集長)

ホームパーティを開催することが多いことから、より良いおもてなしをするためにワインを学び始める。2015年にワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』のインストラクター養成講座にて講師に抜擢。
2018年春からワイナリー経営者を育成する学校『千曲川ワインアカデミー(長野県東御市)』にてブドウ栽培・醸造・ワイナリー経営について学び、講師業の傍ら、超新規ワイナリーの立ち上げ・畑仕事のお手伝いにも出掛ける。
2020年『日本ワインなび』を開設し、編集長として運営を行う。
ワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』講師紹介ページ
Facebook
note

この記事をシェアしませんか?

LINE
日本ワインを支える人たち テイスティング 日本ワイン×お家レシピ 日本ワインの基礎知識