日本ワインなび

日本ワインの魅力を総合的に発信するサイト

日本ワインを支える人たちを訪ねて
心熱きプロフェッショナルに学ぶ人生の道しるべ

農地所有適格法人
株式会社 自然農園グループ
ドメーヌ・イチ 代表取締役 
上田一郎さんに学ぶ
「自分らしく、自然体で生きる」
(全8回)

第5回「山と海から風が吹くピノ・ノワールの畑」

掲載日:2021年9月21日

山と海、両方から風が吹くピノ・ノワールの畑

田口 こちらが上田さんお気に入りのピノ・ノワールの畑ですね。本当に風通しの良いところですね。

上田 はい、僕はここを勝手にうちのグラン・クリュと呼んでいます(笑)だいたいこの地域だと南西、山の方から風が吹きます。ここは山からの風と海からの風、両方が吹くのですごく風通しがいいんです。だから病気にならない。風通しが悪いところで栽培しているピノ・ノワールは病気になりやすいんです。

田口 健全なピノ・ノワールを収穫するには、風通しの良いところで栽培することが有効なんですね。病害以外に何かご苦労されていることはありますか?

上田 台風の被害もありますね。台風がくると枝が向こう側に倒れてしまうんです。

田口 そういった時はどうするんですか?

上田 手作業で1本1本の樹を戻すんです。防風林を立てようかと思うのですが、見晴らしが悪くなるので我慢しています。

田口 台風は毎年きていますか?

上田 大きいのは10年に一度くらいですね。

傾斜のあるピノ・ノワールの畑を歩きながら

上田 どこの畑でも肥料や養分は下の方に流れるので、下の方の木は太くなります。

田口 確かに下にいくにつれて樹が太くなっていきますね。

上田 それからちょっと見てください、うちは有機なのでこんな風に虫に葉っぱを食われます。毛虫を見つけたら1つ1つとっています。それから、コガネムシのこの時期は天敵ですね。

田口 下から眺めると本当に綺麗な畑ですね。上田さんはいつも何時頃から畑に来られているのですか?

上田 畑には6時半頃来ています。

田口 早く来ないと日中は暑くなりますものね。

上田 いえ、鳥の声で目が覚めちゃって。この風景が好きなんです。後ろに海が見えて。

上田 向こうに古いピノがありますので車で移動しましょう。(車で移動して)こちらが2011年に植えたピノ・ノワールです。ここは後ろにサクランボの木があったり、植えた向きもあって風通しがあまり良くないので、灰カビ病になりやすいんです。

田口 ここがベト病で葉が全部落ちてしまった畑ですね。樹齢が高いだけあってやはり立派な株ですね。

2011年に植えたピノノワール

田口 ブドウ栽培をしていて、一年で一番で感動する時はどの時期ですか?

上田 いっぱいありますけど、これからだとヴェレゾンが始まった頃ですね。想像しちゃいますよね。どんな出来になるんだろうって。

(つづく)

この記事の著者 / 編集者

田口あきこ(日本ワインなび編集長)

ホームパーティを開催することが多いことから、より良いおもてなしをするためにワインを学び始める。2015年にワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』のインストラクター養成講座にて講師に抜擢。
2018年春からワイナリー経営者を育成する学校『千曲川ワインアカデミー(長野県東御市)』にてブドウ栽培・醸造・ワイナリー経営について学び、講師業の傍ら、超新規ワイナリーの立ち上げ・畑仕事のお手伝いにも出掛ける。
2020年『日本ワインなび』を開設し、編集長として運営を行う。
ワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』講師紹介ページ
Facebook
note

この記事をシェアしませんか?

LINE
日本ワインを支える人たち テイスティング 日本ワイン×お家レシピ 日本ワインの基礎知識