日本ワインなび

日本ワインの魅力を総合的に発信するサイト

日本ワインを支える人たちを訪ねて
心熱きプロフェッショナルに学ぶ人生の道しるべ

ヴィンヤード『carraria(カラリア)』
トラストアンドアソシエイツ株式会社
中村大祐さんに学ぶ
「自分の人生を大切に生きる勇気」
<全7回>

第6回「特徴のあるワイナリーとして、事業基盤を確立するために」

掲載日:2020年8月16日

田口 ご縁と決断の上に、この場所が生まれたんですね。

中村 決断の背後には、ワインの付加価値について自分なりの考えがあります。ブドウは立科町が植えたわけですし、ワインは委託醸造なので、ワイン自体に付加価値を求めるには限界があるとまず考えました。ブドウ畑を引き継いだ途端に、いきなり1000本ものワインができるという現実がありましたから。著名な方だったらあっという間に売れてしまう本数だと思うんですが、この前までサラリーマンをやっていた人脈もない私がどうやって売るんですか…? ということです。酒販免許すらありませんよという状況の中で。

田口 そこで、差別化を考えたのですね。

中村 早めに事業基盤といいますか、差別化要素を定める必要があるだろうなと考えたんです。

付加価値〜ワインに“想い出”という味わいを

中村 「あそこのワインは美味しくて早く飲みたいよね」みたいな、リリースをしたらすぐ注文が入る、そういう風にできればいいなと思いますが、簡単にはいきません。なので、それはちょっと後回しにして、まずは「提供の仕方」に付加価値をつけて、そこに自分らしさを出していこうと、いうふうに考えたんです。

田口 なるほど、すばらしいですね。

中村 ワインの付加価値って何なのかと考えた時に、日本のワイン消費量は年間一人当たり5本程度ではないかと思います。多くの人はブドウ品種を知らないどころか、ワインをそれほど飲まないわけです。その少ない消費量も、ごく少数のワイン好きがたくさん飲んでという数字だと思うんです。それ以外の方は、スーパーなどでコストパフォーマンスの良いものを買っているというのが、現実かなと。
そういう中で重視したのは、「誰と飲むのか」と「どんなワインなのか」ということです。「誰と飲むのか」というのは、家族や安心できる仲間ということですね。「どんなワインなのか」というのは、作り手を知っているとか、ブドウ畑に行って作業を手伝ったとか、知っている人が作っているとか、そんな背景が大事なのではないかと思ったわけです。もちろん味が伴っていることが前提で、プラスどんなワインなのか。誰と飲むかというマリアージュも大切だよなぁということを考えて、ワインに「想い出」という味をつけようと。

田口 「何を飲むのかより誰と飲むか」、私の受講生の方々とのワイン会でよく耳にするキーワードです。(中村さんの資料を観ながら)これはイベントの写真ですね。

中村 はい、実際に私のブドウ畑に来てもらって、少し作業をしていただきました。ひと汗かいて、BBQをやってですね、夕方温泉に行って帰ってきて、スパークリングを開けたところですね。ブドウ畑で夕陽を見ながら乾杯しているところです。

田口 素敵ですねえ。

中村 そうするとやっぱり、(ワインに)想い出が入るんですよね。また収穫のときも来てね、とか。ワインができたら味わってみてね、と。そういう想い出の情景をワインに入れていこうと考えたわけです。

8月にはワインを片手に 屋外で映画鑑賞

中村 これは、一昨年にやった映画会です。あそこの壁をスクリーンにして、配給会社から映画を借りてきてちゃんとやったんですよ。

田口 すごいなあ…。

中村 映写装置や音響設備も全部借りてました。ゆったりとした気分の中で楽しんで頂くには、誰もがちょっと知っていて、込み入った内容でないもの、それでいて雰囲気のあるものがいいかなあと考えて、カサブランカにしました。「君の瞳に乾杯」という有名なシーンに合わせてワインをサーブしたりして。

(つづく)

この記事の著者 / 編集者

田口あきこ(日本ワインなび編集長)

ホームパーティを開催することが多いことから、より良いおもてなしをするためにワインを学び始める。2015年にワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』のインストラクター養成講座にて講師に抜擢。
2018年春からワイナリー経営者を育成する学校『千曲川ワインアカデミー(長野県東御市)』にてブドウ栽培・醸造・ワイナリー経営について学び、講師業の傍ら、超新規ワイナリーの立ち上げ・畑仕事のお手伝いにも出掛ける。
2020年『日本ワインなび』を開設し、編集長として運営を行う。
ワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』講師紹介ページ
Facebook
note

この記事をシェアしませんか?

LINE