日本ワインなび

日本ワインの魅力を総合的に発信するサイト

日本ワインを支える人たちを訪ねて
心熱きプロフェッショナルに学ぶ人生の道しるべ

ヴィンヤード『carraria(カラリア)』
トラストアンドアソシエイツ株式会社
中村大祐さんに学ぶ
「自分の人生を大切に生きる勇気」
<全7回>

第5回「ブドウ栽培は、誰かに教わったのか?」

掲載日:2020年8月16日

田口 この剪定する作業とか、ブドウ栽培の実地のことって、やっぱりどなたかに教わりながらやったということですよね?

中村 このあたりに早くから来られている先輩方に教えてもらっています。最初は全てが初めてでしたので、何か作業をすると言うとそこにいって教わり、やらせてもらったりしていました。

田口 近くに先生がいて心強いですね。

中村 全くです。諸先輩方にいろいろ教えてもらいながらやっています。あとは長野県がやっているブドウ栽培講座とかに行ったり。

田口 長野県はそういうのを積極的にやっていますものね。

中村 本当に有難いですね。

田口 いきなり自分だけではちょっとあれですよね。サポートしてくれるところがないと。

中村 そうやって聞きながらもやっぱりわからないですよ。本当にこれでいいのかと思いながらね、水(ブドウの涙)が出ているとホッとするわけですよ。これ、実は枯れてるんじゃないかと思いながら(笑)、病気なんじゃないだろうかとかね。わかんないですもん。

田口 確かに。(樹を見ながら)いやぁ、でもさすがもう7年も育っていて、しっかり安心感がありますね。

中村 だいぶ太くなってきました。

田口 うちも自宅の庭に植えていますけど、やっぱり難しいですね。我が家は台風が結構来るところ(※神奈川県三浦郡)なんです。この辺って台風の心配はあんまり?

中村 えーと、良く分かりませんが、天気予報で台風の進路になっていても、結局それていく、そんな感じで台風はあんまり心配していないですね、ただ、30年か50年に1回大きいのが来るということを聞いたことはあります。

田口 そういうときはしょうがないですもんね。

中村 おかげさまでここは昨年の台風の被害もありませんでした。なんせ、雨量は少ないところです。

田口 年間1000mlちょっとでしたっけ。

中村 そのくらいですね。よかったらあちらも見て下さい。

(つづく)

この記事の著者 / 編集者

田口あきこ(日本ワインなび編集長)

ホームパーティを開催することが多いことから、より良いおもてなしをするためにワインを学び始める。2015年にワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』のインストラクター養成講座にて講師に抜擢。
2018年春からワイナリー経営者を育成する学校『千曲川ワインアカデミー(長野県東御市)』にてブドウ栽培・醸造・ワイナリー経営について学び、講師業の傍ら、超新規ワイナリーの立ち上げ・畑仕事のお手伝いにも出掛ける。
2020年『日本ワインなび』を開設し、編集長として運営を行う。
ワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』講師紹介ページ
Facebook
note

この記事をシェアしませんか?

LINE