日本ワインなび

日本ワインの魅力を総合的に発信するサイト

日本ワインを支える人たちを訪ねて
心熱きプロフェッショナルに学ぶ人生の道しるべ

ヴィンヤード『carraria(カラリア)』
トラストアンドアソシエイツ株式会社
中村大祐さんに学ぶ
「自分の人生を大切に生きる勇気」
<全7回>

第3回「最初の問題、場所について」

掲載日:2020年7月22日

中村 私にとっては、場所選びが最初の問題でした。ブドウ栽培にふさわしい場所ってどこなんだろうかと。本来、そもそも作りたいワインがあって、それにはこのブドウ品種、それにふさわしい気候や土壌といった感じで、逆算して場所選びをするということじゃないかと思うんですよね。でも、お話ししたように、私には作りたいワインありきということではなかった。他にも論点はあります。例えばワイナリーを設立するとしたら?と考えても、これから発展する地域なのか、既にワイナリーがたくさんある場所がいいのか、とかね。

田口 実際に構えるとなると、選択肢は限りないですよね。

中村 そうなんです。田舎暮らしをしたいのだから、永住できないと困るよなあとか。眺望、自然環境も大事だし、移り住んだはいいけど、10年で消滅都市になってしまうみたいなのだと困っちゃう。ある程度の将来性がないと厳しいなあ。そんなこともまで考え出すと、どうやって場所を選ぶのか?場所選びだけで何年もかかってしまう、、、とね(笑)

田口 悩みはつきない…。

中村 場所探しをしながら栽培や醸造の経験を積み重ねる。時間もかかるし、4人を扶養する身分では限界がある。だから、(ヴィニュロンになるのは)やっぱり無理かな、当初から考えていた会社員生活に戻るべきかな、と思ったんですよ。

田口 一度、無理だと思われたこともあったのですね。

舞い込んだ急展開「長野県北佐久郡立科町」

中村 だけど、(アカデミーに通い)それだけ厳しいということが分かったので、むしろ、今しかないなとも思ったんです。こんなに大変な事を、会社を辞めて65歳頃から始めることは、きっとないだろう。「now or never」。今でなければまたと機会はない。自分の決断が失敗だったとしても、人生の最期を迎えるとき、やらなかった後悔ではなくやって後悔する方を選ぼう。そう思って、やってみようと決心をしたんです。

田口 それはすごい決心だったと思います。それで、場所のお話になるんですね。

中村 そうです。そこで重視したのは、自宅のある東京からの距離と、仲間の存在です。それで、場所は千曲川ワインバレーに決めて探そうと。

田口 仲間がいたから。

中村 そう決めたのが11月くらいです。で、ちょうどそんな時に、立科町がやっている500本くらいのブドウ畑があって、引き継ぐ人を探しているという話を紹介してもらったのです。

田口 そんなことがあるんですね。アカデミーに通っていたことが奏して、舞い込んできたご縁ということですよね。

中村 ええ、だけどまぁ、そういうのはやっぱり、造りたいワインがあって、逆算して決めていくことだと思っていたので、じゃぁ「やります」「やらせてください」と簡単な話ではないかなあと。

田口 実際に決断するまでには想像以上の長い道のりがあるのですね。一度覚悟を決めたら、簡単には引き返せないですものね。

(つづく)

この記事の著者 / 編集者

田口あきこ(日本ワインなび編集長)

ホームパーティを開催することが多いことから、より良いおもてなしをするためにワインを学び始める。2015年にワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』のインストラクター養成講座にて講師に抜擢。
2018年春からワイナリー経営者を育成する学校『千曲川ワインアカデミー(長野県東御市)』にてブドウ栽培・醸造・ワイナリー経営について学び、講師業の傍ら、超新規ワイナリーの立ち上げ・畑仕事のお手伝いにも出掛ける。
2020年『日本ワインなび』を開設し、編集長として運営を行う。
ワインスクール『レコール・デュ・ヴァン』講師紹介ページ
Facebook
note

この記事をシェアしませんか?

LINE