日本ワインなび

日本ワインの魅力を総合的に発信するサイト

テイスティング
日本ワインの魅力、可能性、暮らしでの楽しみ方

テイスターのご紹介

Tomoe

ソムリエ・エクセレンス、元外資系航空会社勤務。現在は、酒類卸会社で会員制情報サイトの編集・執筆を担当。世界を飛んだ美食家として日本ワインの魅力を語ります。

泉 洋介

ワイン・エキスパート、海外出張の際には伝統国以外にもインド・中国産などNext new normalなワインにも触れ日々研究中。この経験と専門分野ブランディングとデジタルマーケを切り口に日本ワインの魅力と可能性について語ります。

吉田順子

ソムリエール、ワインカルチャー講師、女性が選ぶワインコンテストSakura Award審査員。ワインとお料理のマリアージュの視点から日本ワインの魅力と可能性を語ります。

内田一樹

『テイスティング』コーナーの進行役。ソムリエとワイン・エキスパート両方のエクセレンス資格を持つワインのプロ。さらに、栽培・醸造の学校卒業の経歴から、その視点で日本ワインの魅力と可能性を語ります。

第5回シャルドネ~日本の北から南まで~【Vol.4】

2021年7月2日

4.奥出雲ワインシャルドネ2019(奥出雲葡萄園)/ブドウ: 島根県奥出雲産【750mℓ・3,000円】

シャルドネが美味しいと評判の奥出雲葡萄園ワイナリーです。

ピュアで美味しいですね。酸はやさしい感じですね。

フレッシュでみずみずしい感じがします。

スリムでスマートな印象です。

夏に冷やして飲むのにぴったりのワインですね。

柑橘系の香りがしますね。ハーブの香りや上品でほのかな樽の香りもあります。

綺麗に造られた日本酒のように、雑味がなく、柑橘系の香りがするピュアなワインです。するする飲める感じです。

アフターに心地よい苦みを感じます。

どのような場所で造られているのでしょう?

内陸の山間部です。斐伊川が流れる自然豊かな町だそうです。綺麗な水と澄んだ空気、ありのままの自然の美しさが表れているようなワインですね。

このピュアな感じとイメージが重なりますね。

3番の広島県三次ワイナリーとは県境挟んでお隣同士ですね。ここは寒くて、春先のまだ寒い時期、ブドウの芽が凍ってしまうことがあるので、ブドウ畑をビニールで覆って、夜中火を焚いてブドウの木を温めるそうです。

そうした生産者の方たちの努力があってのワインですから、飲み手としてもそうした情報を知って飲む必要がありますね。

ワイナリーを訪問して、生産者から色々お話を聞くと、そのワイナリーとワインのファンになりますよね。

ワイナリーの方のお話を聞いて、「では、どんなお料理に合わせよう?」と、すぐに考えてしまいます。お料理に合わせるとしたら…。柚子のような柑橘やハーブの香りがあるので、お出汁の効いた和食に柚子を搾ったり、皮を添えたりしたら合いそうです。

確かに柚子の香りがあります。柚子のニュアンスに合わせると、水炊きやみぞれ鍋にも良いかもしれません。

水炊きは関西など西ではよく食べられていますからね。奥出雲地方を訪れて、現地の清らかな自然の中で地域の食材と一緒にまたこのワインを楽しみたいですね。

(つづく)

この記事の著者 / 編集者

内田一樹

『テイスティング』コーナー進行役。ソムリエとワイン・エキスパート両方のエクセレンス資格を持つワインのプロ。さらに、栽培・醸造の学校卒業の経歴から、その視点で日本ワインの魅力と可能性を語ります。

この記事をシェアしませんか?

LINE
テイスティング 日本ワイン×お家レシピ 日本ワインを支える人たち 日本ワインの基礎知識